公益社団法人広島市視覚障害者福祉協会主催

同行援護従業者養成研修5月分は終了しました

 

広島県知事指定

〜同行援護従業者養成研修〜

一般課程・応用課程

「同行援護」とは、201110月から開始された、視覚障害者の外出を総合的に支援するサービスです。

本研修では、同行援護サービスを実施するにあたり必要な、視覚障害者に関する制度やサービスの基礎知識、情報支援及び移動支援について、講義及び実技を行います。

一般課程:同行援護サービス従業者として必要な知識と技能を習得いただく研修です。

応用課程:サービス提供責任者として必要な知識と技能を習得いただく研修です。

一般課程よりも一歩踏み込んだ内容で、さまざまな場面を想定した支援や公共交通機関での移動支援についての講義と実技を行います。

 

 

日程

内容

受講料

(消費税・テキスト代込)

一般課程

平成29年

5月14日(日)9:0017:00

5月20日(土)9:0017:00

5月21日(日)9:0016:00

・同行援護の制度と従業者の責務

・障害者(児)福祉サービス

・情報支援と情報提供 ・代筆代読の基礎知識

・基本技能 ・応用技能 ・障害・疾病の理解@

・障害者(児)の心理@ ・同行援護の基礎知識

20,000

応用課程

平成29年

5月27日(土)9:0017:00

5月28日(日)9:0015:00

・場面別基本技能 ・場面別応用技能

・交通機関の利用 ・障害、疾病の理解A

・障害者(児)の心理A

15,000

 

使用テキスト(一般課程・応用課程共通テキスト)

中央法規出版株ュ行「同行援護従業者養成研修テキスト(第3版)」 2,592円(税込)

受講申込書にて受講と合わせてお申込みください。

すでにお持ちの方は受講当日必ずご持参ください。

 

◆受講資格:一般課程 特にありません。

応用課程 一般課程を修了していること(他都道府県の修了でも可)

※5月14日からの一般課程修了後、5月27日からの応用課程を受講可能です。

◆申込方法:

@下記の申込先へ電話かFAXにてご連絡ください。

A折り返し必要書類をお送りしますので、申込書をFAXか郵送にてご提出ください。

B受講料・テキスト代の合計額を、指定銀行口座へお振込みください。

C入金が確認できた時点で、正式に申込受付となります。

 

◆主催・申込先:

公益社団法人 広島市視覚障害者福祉協会

732-0052 広島市東区光町二丁目1番5号 広島市心身障害者福祉センター内

TELFAX(082)264−4966

 

◆申込受付:

5月2日(火)17:00まで

但しいずれも定員になり次第締め切らせていただきます。

 

◆定員:一般課程20名、応用課程20名

 

◆会場:一般課程・応用課程ともに、

広島県健康福祉センター 広島市南区皆実町1-6-29 電話080-1644-5508

(広島市南区役所の西隣、南区民文化センターの向かい側)

 

広島駅からのアクセス

○路面電車(所要時間約20分)

広島電鉄5号線(比治山下経由広島港行)南区役所前電停下車

○バス(所要時間約30分)

広島バス26号(旭町)循環線 比治山橋若しくは皆実町一丁目下車

 

広島バスセンター方面からのアクセス

○路面電車(所要時間約30分)

広島電鉄126号線(広島駅行)的場町電停にて乗り換え、広島電鉄5号線(比治山下経由広島港行)南区役所前電停下車

○バス(所要時間約30分)

広島電鉄バス7号線(仁保・向洋行)皆実町一丁目下車

広島バス23号(横県)線(昭和町経由)比治山橋若しくは皆実町一丁目下車